コロナ 短歌 - 「収束したら、大切な人と…」切なる思いを詠った“コロナ短歌”に、心温まるの声(BuzzFeed Japan)

短歌 コロナ 佐知子の歌日記(短歌集)

短歌 コロナ 「収束したら、大切な人と…」切なる思いを詠った“コロナ短歌”に、心温まるの声(BuzzFeed Japan)

短歌 コロナ 「コ+ロ+ナ=君」 会えない思い、希望をつなぐ短歌に

コロナ救命現場の過酷な日々、短歌で詠む救急科専門医の思い|社会|セレクト記事|京都新聞

短歌 コロナ 短歌でしたためた「コロナ万象」47首 桜川冴子さん、総合誌から選歌|【西日本新聞me】

短歌でしたためた「コロナ万象」47首 桜川冴子さん、総合誌から選歌|【西日本新聞me】

短歌 コロナ コロナ救命現場の過酷な日々、短歌で詠む救急科専門医の思い|社会|セレクト記事|京都新聞

コロナ救命現場の過酷な日々、短歌で詠む救急科専門医の思い|社会|セレクト記事|京都新聞

短歌 コロナ 佐知子の歌日記(短歌集)

短歌 コロナ 短歌でしたためた「コロナ万象」47首 桜川冴子さん、総合誌から選歌|【西日本新聞me】

コロナ禍を詠む短歌 ”心の扉を開く鍵”朝日歌壇4月5日

短歌 コロナ 「収束したら、大切な人と…」切なる思いを詠った“コロナ短歌”に、心温まるの声(BuzzFeed Japan)

短歌 コロナ コロナの短歌5 外出自粛と桜、スカイプで通話

短歌 コロナ コロナ短歌|まくはり うづき|note

「収束したら、大切な人と…」切なる思いを詠った“コロナ短歌”に、心温まるの声(BuzzFeed Japan)

さぞかし人が大勢いると思ったのに人っ子一人いないので、思わずサインを確認したほどです。

  • ~外出自粛、巣ごもりの日々から~ 全国を対象にした緊急事態宣言。

  • 家にこもっている時間が長い今だからこそ、たくさんの心の扉を開けるために、たくさんの歌を詠んでみましょう。

コロナ禍を映し出す俳句と短歌…それは“マスク騒動“から始まった:ヒカリノミチ通信|増子義久

〈クルーズ船二月の孤絶の景となる捕らへられたる白鯨として〉 〈検疫の大きな箱舟 陸(をか) にゐるわれらはヤバイといふ語しか持たぬか〉ともに梅内美華子(「短歌往来」4月号) ~セシウムとコロナが重なって~ 外出自粛要請の春を、東日本大震災と福島第1原発事故があった2011年春と重ねて詠んだ歌。

  • それではまた来週お届けしようと思います。

  • そんな私にとってこの歌は衝撃でした。

「収束したら、大切な人と…」切なる思いを詠った“コロナ短歌”に、心温まるの声(BuzzFeed Japan)

~始まりはここから~ パンデミックは中国・武漢から始まり、都市封鎖で人々の行き来が完全に止まった。

  • 〈外出せず発酵しそうな窓窓窓 いきなり顔を出す子どもたち〉佐伯裕子(角川「短歌」6月号) 〈「お先まっくら!思いはずっしーんお先まっくら!思いはずっしーん」〉花山周子(「現代短歌」9月号) 宿題をやりたくない娘の叫びを詠んでいる。

  • 〈道すべて封鎖されたる武漢にも梅咲きおらむ映されざりき〉吉川宏志(「歌壇」4月号) 船内感染から横浜沖に長く停泊した大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号、何にたとえる。

コロナ短歌|まくはり うづき|note

でも当時はそんな考えは思いもよらなかったのです。

  • 百獣の王でプライドも高いだろうライオンさえも、禁足に耐えているのだ。

  • --馬場あき子 朝日歌壇選者 三本のわが家の鍵の二本まで人の手にありわが死後のため(坂戸市)山崎波浪 私の家にも、自宅以外の同じ家の鍵があり、昨日たまたまその鍵のスペアを作ってきたばかりでした。

コロナ短歌|まくはり うづき|note

それにしてもなぜライオンがこうも人気なのか、未だにわかりません。

  • 終わりに こちらにあげただけではなくて、他の歌ももっと引用させていただきたいものばかりでした。

  • 「責任感はあっても使命感だけでやっているわけじゃない。

佐知子の歌日記(短歌集)

「死後のため」ではなくて、予期せぬことが起こった時に助け合うためです。

  • 振る舞いをつぶさに見れば神事なる趣に満つ無観客相撲 東京都 山谷五兵衛 ひゅんひゅんと客無き土俵に響きいる弓の鋭く空(くう)を切る音 観音寺市 篠原俊則 耳で聞く相撲はとても清らかで祈りのような四股踏む響き 枚方市 東大路エリカ 横綱の土俵入りではすり足の音が聞こえる無観客場所(川崎市)小島敦 静かなる土俵にまわしを叩く音弓取式の弓宙を切る音(太田市)川野公子 こんなにも高く澄みゐし行司の声寂たる桟敷の館(やかた)を響かす(橿原市)神谷和美 観客のいない春場所呼び出しの声と力士の腹を打つ音(前橋市)荻原葉月 選者評は、 新型コロナウイルスの影響で外出を控える人々からテレビでの相撲観戦の歌が多く投稿された。

  • 期限付きの禁足であれば、何とかその間を耐えればいいわけですが、それが一生となったときは、もう間違いなく普通の人間は絶望するはずです。

コロナ禍を詠む短歌 ”心の扉を開く鍵”朝日歌壇4月5日

そんな内容の「短歌」が先日、ネット上で話題になりました。

  • コロナ禍のこのような時には、皆が助け合うために、短歌という鍵を持ちましょう。

  • 「不安と退屈に沈み込む自粛の生活を余儀なくされる多くの人の心を 一瞬でも和らげることができたのなら、あの戯れ絵を描いたことは、自分にとってもなんて素敵なセレンディピティ(思いがけない出会いや発見)だったのだろうと思わずにはおれません」. 大阪府内の百貨店で宣伝や広報を担当しながら、似顔絵を中心としたイラストを描いているタナカサダユキさん(56)。

コロナ救命現場の過酷な日々、短歌で詠む救急科専門医の思い|社会|セレクト記事|京都新聞

なぜこうもこっちの人はパンダに冷たいのか、できれば聞いてみたかった。

  • 出口の見えない日々を…. そのライオンに人間は「何をやっているのだ」と叱られてしまいそうだ。

  • この歌で詠まれている動物が、ゾウでもキリンでもシマウマでもなく、ライオンであることに意味があると実感しています。




2021 formatscatalogue.endemolshine.com