茨城 新聞 クロス アイ - サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通 群馬から出荷の8800本(茨城新聞クロスアイ)

新聞 クロス アイ 茨城 茨城新聞クロスアイコロナ

サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通 群馬から出荷の8800本(茨城新聞クロスアイ)

新聞 クロス アイ 茨城 東京五輪ボランティア ユニホーム配布で混乱

新聞 クロス アイ 茨城 東京五輪ボランティア ユニホーム配布で混乱

サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通 群馬から出荷の8800本(茨城新聞クロスアイ)

新聞 クロス アイ 茨城 東京五輪ボランティア ユニホーム配布で混乱

茨城新聞クロスアイコロナ

新聞 クロス アイ 茨城 東京五輪ボランティア ユニホーム配布で混乱

新聞 クロス アイ 茨城 茨城新聞クロスアイコロナ

新聞 クロス アイ 茨城 東京五輪ボランティア ユニホーム配布で混乱

東京五輪ボランティア ユニホーム配布で混乱 受け取り延長も 組織委「来場控えて」(茨城新聞クロスアイ)

新聞 クロス アイ 茨城 サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通

サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通 群馬から出荷の8800本(茨城新聞クロスアイ)

新聞 クロス アイ 茨城 サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通

サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通 群馬から出荷の8800本(茨城新聞クロスアイ)

新聞 クロス アイ 茨城 東京五輪ボランティア ユニホーム配布で混乱

茨城新聞クロスアイコロナ

サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通 群馬から出荷の8800本(茨城新聞クロスアイ)

全くふに落ちない」と疑問視。

  • 東京へ取りに行くのは、ちょっと…」と懸念を示した。

  • ユニホーム受け取りを巡っては、人の動き抑制を呼び掛ける感染拡大防止策と矛盾しており、同様の不満は全国各地で噴出したとみられる。

茨城新聞クロスアイコロナ

群馬県の切り苗業者は26都道府県の146店舗に苗を出荷していたという。

  • 4月18日~5月28日に出荷した常陸大宮市の「箕川種苗店」、鉾田市の「吉田屋種苗店」、土浦市の「土浦農芸」の3店と、つくば市の1種苗店、1農業生産法人で、面積に換算すると0・2ヘクタール分に相当するという。

  • 茨城県内での発生は今のところ報告されていないが、県は家庭菜園向けの苗が不特定多数に行き渡っていることから、購入者には最寄りの農業改良普及センターに連絡するよう呼び掛けている。

東京五輪ボランティア ユニホーム配布で混乱 受け取り延長も 組織委「来場控えて」(茨城新聞クロスアイ)

保菌した苗や芋、葉や茎の残骸が伝染源になる。

  • 配布には本人確認が必要なため、指定期間に受け取れなかった場合は、ボランティアが東京まで出向く必要がある。

  • 茨城新聞社. 茨城県内では5月に配布されたが、案内が配布終了後に届く混乱も。

サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通 群馬から出荷の8800本(茨城新聞クロスアイ)

茨城県の19年サツマイモ産出額は269億円で全国1位。

  • 今回の出荷を巡り、群馬県は14日、同県東部地域の農地でサツマイモ基腐病の発生が確認されたと発表していた。

  • 組織委に問い合わせると『東京に取りに来て』と言われた」と憤りを隠せない。

茨城新聞クロスアイコロナ

配布期間は5月14~16日だったが、鹿嶋市、50代女性は「配布を知らせる案内が届いたのは 終了後の 先月24日。

  • 東京会場の受け取り期間を大会期間中まで延長し、引き続きボランティアの皆さんに安心してお受け取りいただけるよう運営していきたい」などと説明している。

サツマイモ基腐病 感染疑いの苗、茨城県内流通 群馬から出荷の8800本(茨城新聞クロスアイ)

日立市の70代男性も、組織委の対応を「完全に『向こう目線』。

  • 感染可能性があるのは、群馬県の切り苗生産業者から茨城県内5カ所の種苗店や農業生産法人に出荷された苗8800本。

  • 県農業技術課によると、該当品種は「ベニアズマ」。

茨城新聞クロスアイコロナ

茨城県の受け取り会場は鹿嶋市宮中の「まちづくり市民センター」。

  • 育苗、生育中のサツマイモで発生すると茎葉の変色などの症状や貯蔵中の芋ではつる側からの腐敗症状が見られる。

  • このため、組織委は急きょ対応を協議。




2021 formatscatalogue.endemolshine.com